校長挨拶

 埼玉県立飯能南高等学校ホームページにようこそ。このホームページでは、本校への進学を検討なさっている中学生と保護者の方々、同窓生はじめ県民の皆様に向け、本校のマスコット「はん太くん」とともに教育活動を随時お知らせいたします。

 「はん太くん」は美術の授業から生まれました。校章にもあしらわれている「ハンノウザサ」をモチーフに本校のスクールカラーでもあるグリーンをベースにした人なつっこいキャラクターです。在校生、保護者の皆様には学校全体にかかわるお知らせを中心にこのホームページに掲載、学年やホームルームからのお知らせを中心に「classroom」に掲載いたします。「一斉メール」とあわせてご活用いただければ幸いです。
 新型コロナウイルス感染拡大防止のため休業しておりましたが、感染防止の措置を取ったうえで6月より段階的に教育活動を再開しています。部活動についても衛生管理や熱中症対策を徹底しながら活動してまいります。ご理解をお願い申し上げます。

 本校は昭和53年4月に開校し、今年で創立43年目を迎えた普通科とスポーツコースを設置する男女共学校です。スポーツを生かし、校訓「礼儀・誠実・協力」を軸に、3年間で社会に出て立派にやっていける人材を育成することを使命としています。

 
本校の自慢はなんといっても元気な生徒にあります。「元気No.1スクール飯南」を合言葉に、明るく大きな声で交わされるあいさつは、学校に活気を生んでいます。また、部活動では、関東大会や全国大会の出場を果たすなどの成果を上げています。練習の合間には校舎内外を自主的に清掃するなど、心の成長にも気を配っています。

 学習面では基礎学力の定着と向上をめざします。そのため、1年次は1クラス30人程度の少人数学級編制を行います。2年次のスポーツコースでは国語・数学・英語の小人数展開授業、3年次普通科では、興味関心や進路希望に応じた科目選択制など、丁寧で温かい指導を行っています。
 進路指導では、大学・短大・専門学校への進学、企業や公務への就職など一人一人の希望に合った進路を実現しています。特に就職指導には定評があり、ガイダンスや面接指導をきめ細かく行い、卒業後は多くの生徒が地元の経済や産業を支える人材として巣立っていきます。
 スポーツコースでは、学校設定科目「スポーツ文化」の設置や駿河台大学との連携授業などのほか、幼児体育指導資格の取得や独自の進路ガイダンスを行うなどして、スポーツを生かした進路選択ができるようにしています。

 生活指導面では、校訓の「礼儀・誠実・協力」を軸に思いやりや感謝の心を育む指導を学校全体で行うことで、安心・安全な学習環境を実現しています。「生活指導のすべては進路実現につながる」をモットーに、社会人として必要なことを身につけたうえで、信頼される社会人として送り出したいと考えています。

 まずは本校においでいただき、授業の様子、生徒の様子をご覧になってください。きっと、生徒の元気なあいさつと明るい笑顔に出会うことでしょう。気も心も若い先生が多く、熱のこもった指導にご納得いただけるものと確信しています。
 
 本校のすぐ北を入間川が流れ、南にはなだらかな加治丘陵が横たわり、四季の移ろいが間近に感じられるすばらしい環境の中にあります。教職員一丸となって地域の信頼にこたえる学校づくりを進めてまいります。よろしくお願い申し上げます。

   

令和2年6月  埼玉県立飯能南高等学校長  内 田 正 俊

日誌

◆校長日誌◆

【飯南校長日誌】ご指導ありがとうございました

 先日、地域の方からお叱りの電話をいただきました。「生徒が自転車マナーに反し狭い道の右側を走り交通の妨げになっている。交通ルールを徹底すべきだ。」お話を受け、翌朝、全クラスで注意を喚起したところ、ある生徒から「話の状況から自分のことのようだ」と申し出があり話を聞いたところ、自動車の女性に注意され学校名を伝えた、とのこと。生徒には生徒指導部の先生から改めて注意しましたが、自分から正直に申し出たことで大事な気付きの機会になりました。注意してくださったこの方に感謝申し上げます。

【飯南校長日誌】学校前に曼殊沙華が咲き始めました

 このところ、各教室に行き授業のようすを見せてもらっていますが、きょうは教室の窓から赤い花がたくさん見えます。校門前の市民農園あたりの道沿いでは、連休が明けて曼殊沙華(まんじゅしゃげ)が咲き始めました。「彼岸花」の名のとおり、このあと数日ほどで咲きそろうものと思います。

9月23日午後・学校前で

【飯南校長日誌】曼殊沙華を見つけました

 きょうも生徒たちは朝練習に励んでいますが、学校わきの入間川で「曼珠沙華(まんじゅしゃげ)」が咲いているのを見つけました。来週はお彼岸ですし、暑さもいよいよおしまいに近いと思われます。この花は前ぶれなく咲くように見えるのが不思議です。「徒然草」に「夏はてて秋の来るにはあらず…下よりきざしつはる」(155段)とあります。迎える「気」が見えないところで準備して待っているというのですね。

学校前の入間川にて

【飯南校長日誌】お馬でお越しのお客様は・・・

 かねがね気になっていたのですが、通勤で利用する電車の窓から「お馬でお越しのお客様はここにおつなぎください」という看板が見えます。ここは不動産会社の駐車場ですが、惜しいことに馬がつながれているところは見たことがありません。北海道の日高はサラブレッドなど競走馬のふるさととして知られていますが、こちらも日高で、高麗川の「こま」もそういえば「駒(=馬)」に通じます。馬に親しんでいるお得意さんがいらっしゃるのかもしれません。

2学期始業式にあたり「橋は考えた」話をしました(令和2年8月25日)

 おはようございます。校長の内田正俊です。熱中症とコロナ感染の防止のため1学期終業式に続き、放送での実施になりました。進路を実現するために頑張っている3年生は表情が引き締まっています。この夏、陸上部は西部地区1600mリレーで優勝したそうですし、野球部も少ない3年生が引っ張りました。男女バスケ部のすがすがしい試合も見せてもらいました。
 きょうは2学期のはじめにあたり「橋は考えた」という話をします。
 元加治駅に向かうときに入間川を渡る阿岩橋のひとつ下流に沈下橋(川が増水すると沈んでしまう構造の橋)が架けられています。いわゆる「流れ橋」で、欄干がなく、川が増水すると流れに沈んでしまいます。橋げたにロープでつないであるのが見えます。ということは大雨が降ると橋げたが流されてしまうこともあるということです。「沈下橋」というと、日本最後の清流と言われる四国の四万十(しまんと)川が有名ですが、埼玉県内にも相当の数があるようです。
 この橋を渡ってみて、いろいろと考えたことがあります。
 物を作るとき、「壊れないように」と考えますが「壊れるようにする」という発想もアリだということです。壊れたらなおせばいい、というか壊れないといけない。大木が流れてきたりして、橋がせき止めてしまうと、かえって危ない。これは自動車の構造にもあって、万一衝突しても車が壊れることでクッションの役割をして歩行者や乗っている人へのダメージを少なくする。壊れることで人間を守るということです。
 橋から見ると無理しないで壊れる。けれどすぐなおしてもらえる。壊れたら近くの人が助けてくれる。壊れることで生き延びることができる。
 狭山市の入曽に住んでいたこともある吉野弘(1926-2014)という詩人の有名な作品に「祝婚歌」という詩があります。「立派すぎることは長持ちしないことだと気付いているほうがいい。」「正しいことを言うときは少しひかえめにするほうがいい。正しいことを言うときは相手を傷つけやすいものだと気付いているほうがいい。」と言っています。
 さて、壊れることを織り込み済みとなると、歩行者や自転車が渡れるくらいの小さな橋になります。「沈下橋」は、流れの近くを渡ることになり、人と川とが触れ合うことにもなります。人と川とが触れ合うことができるとなれば、上流の天気によって急な流れになりそうだ、などと予想して対応を考えることもできます。これは「ワクチン」の発想です。ワクチンは病気にならないためのものではなく、軽く病気にして抵抗力をつけ病気が流行したときに重くならないようにするということです。
 橋から見ると、怒っている者に逆らわないという生き方をするということでもあります。怒りが大きく興奮している人にいくら説明しても聞いてもらえない。それより時間をおいて、落ち着いてから手を入れると意外に簡単に話が通じたりするものです。
 きょうは、2学期のはじめにあたり「橋は考えた」という話をしました。2学期もがんばっていきましょう。

沈下橋