校長挨拶

 本校は昭和53年4月に開校し、今年で創立42年目を迎えた普通科とスポーツコースを設置する男女共学校です。スポーツを生かし、校訓「礼儀・誠実・協力」を軸に、3年間で社会に出て立派にやっていける人材を育成することを使命としています。

 
本校の自慢はなんといっても元気な生徒にあります。「元気No.1スクール飯南」を合言葉に、明るく大きな声で交わされるあいさつは、学校に活気を生んでいます。また、部活動では、関東大会や全国大会の出場を果たすなどの成果を上げています。練習の合間には校舎内外を自主的に清掃するなど、心の成長にも気を配っています。

 学習面では基礎学力の定着と向上をめざします。そのため、1年次は1クラス30人程度の少人数学級編制を行います。2年次のスポーツコースでは国語・数学・英語の小人数展開授業、3年次普通科では、興味関心や進路希望に応じた科目選択制など、丁寧で温かい指導を行っています。
 進路指導では、大学・短大・専門学校への進学、企業や公務への就職など一人一人の希望に合った進路を実現しています。特に就職指導には定評があり、ガイダンスや面接指導をきめ細かく行い、卒業後は多くの生徒が地元の経済や産業を支える人材として巣立っていきます。
 スポーツコースでは、学校設定科目「スポーツ文化」の設置や駿河台大学との連携授業などのほか、幼児体育指導資格の取得や独自の進路ガイダンスを行うなどして、スポーツを生かした進路選択ができるようにしています。

 生活指導面では、校訓の「礼儀・誠実・協力」を軸に思いやりや感謝の心を育む指導を学校全体で行うことで、安心・安全な学習環境を実現しています。

 まずは本校においでいただき、授業の様子、生徒の様子をご覧になってください。きっと、生徒の元気なあいさつと明るい笑顔に出会うことでしょう。気も心も若い先生が多く、熱のこもった指導にご納得いただけるものと確信しています。
 
 本校のすぐ北を入間川が流れ、南にはなだらかな加治丘陵が横たわり、四季の移ろいが間近に感じられるすばらしい環境の中にあります。教職員一丸となって地域の信頼にこたえる学校づくりを進めてまいります。よろしくお願い申し上げます。

   

平成31年4月  埼玉県立飯能南高等学校長  内 田 正 俊

日誌

◆校長日誌◆

ホッケー部全国選抜大会出場・壮行会でのあいさつを紹介します

 ホッケー部のみなさん、「第51回全国高等学校選抜ホッケー大会」への出場、おめでとうございます。
 全国選抜大会は令和元年12月21日から25日にかけて、岐阜県各務原(かかみがはら)市・川崎重工ホッケースタジアムなどで開催されます。この大会への出場権をかけて、11月9日(土)~10日(日)の両日、関東高等学校選抜ホッケー大会が行われました。関東からの全国大会出場枠は男子が4校、女子が2校で、全国の強豪チーム男女それぞれ24校の戦いになります。男子の出場枠が多いのは前回大会で優勝校が関東から出ているからだそうで、関東大会のレベルの高さがわかります。飯能南は東京の慶應高校に3-0で勝ち、4校の一角を占め全国選抜への出場権を手にすることができました。ちなみに女子は飯能高校が出場します。
 その成果を支えた、みなさんの日ごろの努力の積み重ねに敬意を表します。それ以外の部も日ごろから頑張っていて、お互いに頑張っている姿を見ていることが力になってこその全国選抜で、ホッケー部だけでなくここにいるみんなの成果なのだと思います。
 これまで支え、励まし合ってきた仲間を信じ、思い一つに全国選抜に向けて高いパフォーマンスをめざして練習を積み重ねてください。保護者の方々はじめ飯能市民も含めて飯南関係者みんなが期待しています。全校のみなさんも応援をお願いします。ホッケー部の健闘を期待しています。

大学短大進学者ガイダンスでのあいさつを紹介します

 まずは、みなさんの夢、将来の希望に一歩近づいたことを喜びたいと思います。大学や短大での学び、競技を続けるなどイメージがふくらんでいるのではないかと思います。いっぽう、2月3月まで受験勉強を続けている人も多いです。なかには捲土重来(けんどじゅうらい)を期して浪人を選び、厳しい環境のなかで勉強している人もいます。一般入試の場合、受験生は入学の直前までプレッシャーを感じながら受験勉強を続けてきています。一般的には一般入試で入学した学生のほうが学力があります。年齢や経歴もさまざまな受験生と学生として同じスタートラインに立つためにも、みなさんには、入学までに、いろいろな意味で力をつけてほしいと思います。このあと、これからの生活や心構えについては進路の先生からお話がありますが、よく聞いて、学生としての決意を新たにしてください。

長距離走大会でのあいさつを紹介します

 おはようございます。

 長距離走大会にふさわしい、素晴らしいコンディションになりました。まずは、朝早くから大会の準備にあたってくれた部活動有志の皆さん、ありがとうございます。

 自分の限界はこんなもんだと、自分で設定してしまうことが多いように思います。そうではなく、それぞれが目標を大きくとり、自己に向き合い、一段上のステージに向かってください。けがをしないようにアップを念入りにお願いします。

 先生方も万一の場合にそなえ、万全の対応を取るよう準備しています。大会に向け準備にあたってくれた体育科をはじめ関係のみなさま、PTA役員のみなさま、計測にあたっていただく方々、朝早くから応援においでいただいた保護者のみなさまに感謝いたします。

「魅力ある県立学校づくり方策案」関係者向け説明会を11月17日(日)に行います

 ことし6月に埼玉県教育委員会から発表された「魅力ある県立高校づくり方策案」について、保護者のかた、地域のかたや関係のかたへの県教委による説明会を11月17日(日)14時より、本校大会議室で開きます。保護者の方へは生徒を通じて通知文書を配布していますが、申し込みは必要ありませんので、関心のある方はどなたでもご出席ください。

 この計画は県立高校の再編を進めようとするもので、本校を飯能高校と統合して、4年後の令和5年4月に新しい高校を飯能高校の場所に設置するという案です。現在、県教委と飯能市との協議会が継続していますが、検討の状況についても説明を予定しています。

 計画については正式に決まり次第お知らせいたします。

 来年春に入学される現在中学3年生の皆さんは43期生となりますが、学習・行事・部活動などすべてこれまで通り、この場所でこの飯能南高校を卒業します。今までどおりでなにも変更ありませんので御心配はいりません。

【飯南校長日誌】ホッケー部全国選抜大会へ!

 令和元年12月に岐阜県で開催される「全国高校選抜ホッケー大会」への出場権をかけて、11月9日(土)~10日(日)の両日、群馬県みなかみ町・月夜野総合運動公園で関東高等学校選抜ホッケー大会が行われました。飯能南は慶應高校に3-0で勝ち、全国選抜への出場権を手にすることができました。今市高校には残念ながら負けてしまいましたが、全国選抜にむけて課題に取り組んでいきます。応援よろしくお願いいたします!