校長挨拶

 埼玉県立飯能南高等学校ホームページにようこそ。このホームページでは、本校への進学を検討なさっている中学生と保護者の方々、同窓生はじめ県民の皆様に向け、本校のマスコット「はん太くん」とともに教育活動を随時お知らせいたします。

 「はん太くん」は美術の授業から生まれました。校章にもあしらわれている「ハンノウザサ」をモチーフに本校のスクールカラーでもあるグリーンをベースにした人なつっこいキャラクターです。在校生、保護者の皆様には学校全体にかかわるお知らせを中心にこのホームページに掲載、学年やホームルームからのお知らせを中心に「classroom」に掲載いたします。「一斉メール」とあわせてご活用いただければ幸いです。
 新型コロナウイルス感染拡大防止のため休業しておりましたが、感染防止の措置を取ったうえで6月より段階的に教育活動を再開しています。部活動についても衛生管理や熱中症対策を徹底しながら活動してまいります。ご理解をお願い申し上げます。

 本校は昭和53年4月に開校し、今年で創立43年目を迎えた普通科とスポーツコースを設置する男女共学校です。スポーツを生かし、校訓「礼儀・誠実・協力」を軸に、3年間で社会に出て立派にやっていける人材を育成することを使命としています。

 
本校の自慢はなんといっても元気な生徒にあります。「元気No.1スクール飯南」を合言葉に、明るく大きな声で交わされるあいさつは、学校に活気を生んでいます。また、部活動では、関東大会や全国大会の出場を果たすなどの成果を上げています。練習の合間には校舎内外を自主的に清掃するなど、心の成長にも気を配っています。

 学習面では基礎学力の定着と向上をめざします。そのため、1年次は1クラス30人程度の少人数学級編制を行います。2年次のスポーツコースでは国語・数学・英語の小人数展開授業、3年次普通科では、興味関心や進路希望に応じた科目選択制など、丁寧で温かい指導を行っています。
 進路指導では、大学・短大・専門学校への進学、企業や公務への就職など一人一人の希望に合った進路を実現しています。特に就職指導には定評があり、ガイダンスや面接指導をきめ細かく行い、卒業後は多くの生徒が地元の経済や産業を支える人材として巣立っていきます。
 スポーツコースでは、学校設定科目「スポーツ文化」の設置や駿河台大学との連携授業などのほか、幼児体育指導資格の取得や独自の進路ガイダンスを行うなどして、スポーツを生かした進路選択ができるようにしています。

 生活指導面では、校訓の「礼儀・誠実・協力」を軸に思いやりや感謝の心を育む指導を学校全体で行うことで、安心・安全な学習環境を実現しています。「生活指導のすべては進路実現につながる」をモットーに、社会人として必要なことを身につけたうえで、信頼される社会人として送り出したいと考えています。

 まずは本校においでいただき、授業の様子、生徒の様子をご覧になってください。きっと、生徒の元気なあいさつと明るい笑顔に出会うことでしょう。気も心も若い先生が多く、熱のこもった指導にご納得いただけるものと確信しています。
 
 本校のすぐ北を入間川が流れ、南にはなだらかな加治丘陵が横たわり、四季の移ろいが間近に感じられるすばらしい環境の中にあります。教職員一丸となって地域の信頼にこたえる学校づくりを進めてまいります。よろしくお願い申し上げます。

   

令和2年6月  埼玉県立飯能南高等学校長  内 田 正 俊

日誌

◆校長日誌◆

【飯南校長日誌】「推薦書を書いていただき」「おめでとう」

 今年も残すところ1か月となりました。きのう12月1日は各大学で推薦入試の合格発表が行われたようです。昼休みに体育館の教員室にいたのですが、その短い時間にもつぎつぎに生徒が来て、先生方に合格の報告やお礼のあいさつをしていました。わたくしにも口々に「先生!推薦書を書いていただきありがとうございました。」これはたいしたものです。

 今年は「リモート面接」など指導する側にとっても初めての対応が多く、心配もしていましたが、幸先よくスタートを切れたのは何よりでした。夜には、中学校時代の担任の先生からお電話があり、お孫さんが大学の推薦入試で合格したとのこと。ン十年前の卒業生ともうれしさを分かち合おうというわけです。

 さきほどの生徒たちもご家族に感謝の気持ちを表していると思いますが、近くにいらっしゃらなくても見えないところで心にかけてくださる人がいらっしゃるはず。感謝の気持ちを素直に表すことのできる生徒なら、充実した学生生活になること請け合いです。

「飯南ホッケー部が全国選抜大会に出場!」壮行会での激励のあいさつです。(令和2年11月27日)

 ホッケー部のみなさん、「第52回全国高等学校選抜ホッケー大会」への出場、おめでとうございます。

 令和2年12月23日から27日にかけて、岐阜県各務原(かかみがはら)市・川崎重工ホッケースタジアムなどで開催されます。男子は関東ブロックから4チームのこの大会への出場権をかけて、11月14日(土)と15日(日)の両日、関東高等学校選抜ホッケー大会が行われました。飯南の試合は14日に飯能の阿須運動公園で行われたのですが、千葉県の大原高校に4-2で勝ち、全国大会への切符を手にしました。無観客試合ということで応援にいけませんでしたが、期待通りの結果を出してくれました。

 その成果を支えた、みなさんの日ごろの努力の積み重ねに敬意を表します。それ以外の部も日ごろから頑張っていて、この夏は野球部も成果をあげましたし、この秋にはサッカー部も大いに活躍しました。ただいま表彰状を伝達した陸上競技部、ソフトテニス部、バドミントン部も大きな存在感を見せています。こんなふうにお互いに頑張っている姿を見ていることが力になってこその全国選抜大会で、ホッケー部だけでなくここにいるみんなの成果なのだと思います。

 これまで支え、励まし合ってきた仲間を信じ、思い一つに全国選抜に向けて高いパフォーマンスをめざして練習を積み重ねてください。保護者の方々はじめ飯能市民も含めて飯南関係者みんなの期待でもあるはずです。全校のみなさんも応援をお願いします。健闘を期待して、あいさつとします。

長距離走大会(令和2年11月19日)開会式でこんな話をしました

 長距離走大会にふさわしい素晴らしい天気になりました。ここ、狭山稲荷山公園は一周1.2キロでハート形のコースになっています。学校の外周コースが1.3キロと聞いていますので、やや小ぶりのコースです。木々も色づき、さわやかなレースができると思います。心を込めて走っていただければと思います。
 うかがうと、あしたは飯能市の大川学園高校がここでマラソン大会を行うようですし、飯能高校もあした強歩大会を行うそうで、駅伝はじめ持久走やマラソンのシーズン真っ盛りという感じがします。
 私事ですが、わたしも狭山市の出身でして、近くに住んでいましたが、ここは近いけれども遠い特別な場所でした。というのは、ここは狭山市でもなければ日本でもない場所(戦後、ジョンソン基地と呼ばれたアメリカ軍基地と軍人の住宅地)であり、鉄条網で区切られ入ることもできない場所だったからです。これを機会にそんな歴史にもふれておきたいと思います。
 ふだんの周回コースと違い、車は入ってきませんが、一般の人のジョギングや保育園の散歩などはあるかもしれませんので、独りよがりの走り方をせず事故やけがのないよう注意して走ってください。きょうは気温が上がる予報になっています。風邪をひかないよう着るものでうまく調節してください。健闘を祈ります。

就職内定生徒対象に行った「第6回就職ガイダンス」でのあいさつです。

 まずは正社員としての内定おめでとうございます。正社員は、企業の将来を任せられる人物として期待されているわけですが、定職があることで世の中からも信用されるようになります。たとえば家を借りる、クレジットカードを作る、結婚するなどのときにはっきりした差になり、年数がたつほど大きな差になります。ここがアルバイト、パート、契約社員など、短い期間を前提に雇われる人と大きく違うところです。飯南には1万人を超える卒業生がいますが、みなさんそれぞれの立場で世の中・社会をささえています。
 先日(10月13日)「正社員に対する企業の期待が待遇の差に現れている」という最高裁判決が2つ出ました。
 社会科で学習したと思いますが、同一労働同一賃金という原則があります。報道によれば、最高裁判所は2つの判決で、同一労働同一賃金の原則はあるけれども、正社員とアルバイト・契約社員の待遇に違いがあっても状況によって不合理とまでは言えないとしました。判決への評価は置くとして、ここで注目したいのは、理由として企業の社員への期待度をあげている点です。
 ひとつは、秘書の仕事で、正社員には人事異動の可能性や、正社員にだけ担当させる厳しい仕事が時にあったほか「期待する正社員に長く働いてもらいたい」という会社の期待がボーナスという制度になっている、というのです。もうひとつは、駅の売店の仕事で、仕事はほぼ同じでも、正社員にはシフトに都合で入れない販売員の穴をうめる役目や、将来エリアマネジャーなど責任ある立場につくことを期待され、それが退職金のもとになっているというのです。
 求人票に「3 労働条件等」という欄があったと思いますが、なにも直接もらう給料や手当だけではありません。福利厚生といって企業はさまざまなコストをかけています。社会保険料を負担する、健康診断を受けさせる、保養所やスポーツ施設などレクリエーションの施設を用意する、住宅の世話、病気や怪我をしたときに対応するなど、人生のステージに応じて数えきれないほどあります。これらも年がたつほど大きな差になってきます。
 若いうちは、上司よりも一緒に働く大勢のアルバイト、契約社員、パートさんの眼のほうが厳しいかもしれません。大卒者の多い職場では学歴にコンプレックスをいだくかもしれません。
 仕事ですからつらいこともあるでしょうが、簡単に辞めないでください。わたしは、上司から「三日、三週間、三か月」といわれてきました。三か月我慢できれば、つぎは三年。わたしの場合は教員の仕事に入って三十年を超えてしまいました。
 それはともかく、これから長い人生を生きていくことになります。節目に相談できる、信用できる人物とこれから大いに交流してほしいと思います。まずはあなた自身が信用される人物になること、期待を裏切らない人物になるのが近道です。

2学年保護者の方対象に行いました修学旅行保護者説明会(令和2年11月7日)での校長あいさつ

 保護者の皆様におかれましては、お忙しいところ、御出席いただきましてありがとうございます。日ごろから本校教育活動へご理解ご協力いただき感謝申し上げます。

 今年度は新型コロナの影響で、3か月にわたる臨時休業をはじめ、行事や大会が中止されております。本校でも平和学習と民泊による文化体験を柱に据えた修学旅行を6月に計画しておりましたが、コロナによる臨時休業を命じられた3月の時点で、来年1月に変更しました。そのころにはある程度状況も落ち着くと考えておりましたが、本県でも依然として新たな感染者が続いている状況です。

 県内高校の修学旅行実施に関しては、判断が分かれております。時期を来年度に変更する、飛行機利用の沖縄や北海道をやめて本州内に変更する、修学旅行そのものを中止するなど、さまざまです。

 修学旅行については、思い出作りはもちろんですが、教育の一環としての意義は大きいと考えております。この先観光で行くことはあると思いますが、観光でふれないこと、たとえば現代が形作られた痕跡をたどり、私たちの歴史と現実を確かめる機会にすることなどは、柔らかな感性を持つ今、社会に出る前にぜひとも見て聴いて触れておく必要があると考えております。

 状況の変化による変更もありうるところですが、校長としては保護者のみなさまのご理解を得て、修学旅行を実施したいと考えています。とはいえ、費用も掛かることですし、リスクはゼロではありません。きのうも、西部地区の高校で感染者が出たことで学校全体を臨時休業にしたとの発表がありました。修学旅行前また旅行中に感染の疑いがある症状が出た場合、中止も含めた判断をしなければならないかもしれません。

 先週には西部地区の高校で沖縄での修学旅行を実施し、無事に終わることができたと聞いております。このほか、近隣のいくつかの高校で11月以降沖縄への修学旅行を計画している学校もありますので、それらにも学びつつ、感染症防止に気を配りつつ生徒の安全と安心に配慮し、準備を進めてまいりたいと考えています。

 きょうの説明会はこのような状況でのさまざまな情報を共有するとともに、私たち教員の思いを保護者のみなさまにご理解いただく機会とも思っております。想定されるさまざまな問題について事前に準備のうえ臨機応変に対策していくこと、修学旅行をはじめ学校生活すべてにわたり「Withコロナ」で考えていくことがこれからの課題だと思います。

 後日、参加の意思を改めて伺いますが、生徒たちの安心安全を第一に考えるとともに、生徒たちが旅行を通じて大いに学び成長することができるように準備や事前指導に取り組んでまいります。引き続きホームページや学年通信などで情報の共有にも努めてまいります。きょうは旅行会社の課長様と担当の方にも出席いただきました。学校・家庭・旅行会社の協力が修学旅行成功のためには不可欠です。疑問の部分は遠慮なくおたずねいただくとともに、今後とも保護者のみなさまのご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。限られた時間ですが、どうぞよろしくお願い申し上げます。