校長挨拶

 本校は昭和53年4月に開校し、今年で創立43年目を迎えた普通科とスポーツコースを設置する男女共学校です。スポーツを生かし、校訓「礼儀・誠実・協力」を軸に、3年間で社会に出て立派にやっていける人材を育成することを使命としています。

 
本校の自慢はなんといっても元気な生徒にあります。「元気No.1スクール飯南」を合言葉に、明るく大きな声で交わされるあいさつは、学校に活気を生んでいます。また、部活動では、関東大会や全国大会の出場を果たすなどの成果を上げています。練習の合間には校舎内外を自主的に清掃するなど、心の成長にも気を配っています。

 学習面では基礎学力の定着と向上をめざします。そのため、1年次は1クラス30人程度の少人数学級編制を行います。2年次のスポーツコースでは国語・数学・英語の小人数展開授業、3年次普通科では、興味関心や進路希望に応じた科目選択制など、丁寧で温かい指導を行っています。
 進路指導では、大学・短大・専門学校への進学、企業や公務への就職など一人一人の希望に合った進路を実現しています。特に就職指導には定評があり、ガイダンスや面接指導をきめ細かく行い、卒業後は多くの生徒が地元の経済や産業を支える人材として巣立っていきます。
 スポーツコースでは、学校設定科目「スポーツ文化」の設置や駿河台大学との連携授業などのほか、幼児体育指導資格の取得や独自の進路ガイダンスを行うなどして、スポーツを生かした進路選択ができるようにしています。

 生活指導面では、校訓の「礼儀・誠実・協力」を軸に思いやりや感謝の心を育む指導を学校全体で行うことで、安心・安全な学習環境を実現しています。「生活指導のすべては進路実現につながる」をモットーに、社会人として必要なことを身につけたうえで、信頼される社会人として送り出したいと考えています。

 まずは本校においでいただき、授業の様子、生徒の様子をご覧になってください。きっと、生徒の元気なあいさつと明るい笑顔に出会うことでしょう。気も心も若い先生が多く、熱のこもった指導にご納得いただけるものと確信しています。
 
 本校のすぐ北を入間川が流れ、南にはなだらかな加治丘陵が横たわり、四季の移ろいが間近に感じられるすばらしい環境の中にあります。教職員一丸となって地域の信頼にこたえる学校づくりを進めてまいります。よろしくお願い申し上げます。

   

令和2年4月  埼玉県立飯能南高等学校長  内 田 正 俊

日誌

◆校長日誌◆

第43回入学式での式辞です

 入間川川辺の風に舞う花吹雪が目に眩しく、ここ飯能の地も、風が春から初夏の香りを運んでくるのを感じる季節となりました。このよき日に埼玉県立飯能南高等学校第43回入学式を挙行できますことは大きな喜びです。
 ただ今、入学を許可いたしました第43期145名のみなさんは、3年後の令和5年に飯能新校へ改編されるのに伴い、飯能南高校を卒業する最後の学年となります。みなさんのことは、これまで40年以上にわたり社会を支えている一万名を超える卒業生が見守ってくれています。みなさんも進路選択に悩まれたことと思いますが、今日晴れてこの日を迎えられたことに、改めてお祝いを申し上げます。
 社会を取り巻く情勢から、みなさんの晴れ姿を心待ちにしてこられた保護者のみなさまや地域の方々にご列席いただくことがかないませんでした。本当に残念です。保護者のみなさまに、この場を借りてお子様のご入学を心よりお慶び申し上げます。
 みなさんには、ここまで見守ってくれた保護者の方々、ご家族、お世話になった方々へ感謝の気持ちを、できれば言葉で表してほしいと思います。そして、これからの3年間、思う存分勉学や部活動に励んでください。
 みなさんが3年生となる令和4年4月から、改正民法が施行されます。大きな違いは、18歳をもって成人となることです。みなさんは18歳成人となる第一世代ということになります。成人になるということは、たとえば契約など、未成年者による契約は保護者が取り消すことができるのですが、成人には保護者の親権は及ばず、自分の判断の結果に大きな責任がついてまわります。その責任に耐えられるだけの自己決定プロセス、社会参加についても学び、考えてほしいと思います。
 この入学式に際しみなさんを迎える教職員の思いは熱く、刻々と変わる状況の中でさまざまな準備を進めてきました。きょうから保護者のみなさまと緊密な連携を図りながら教職員一同、43期生の心身ともに健全な成長を支援してまいります。これをご縁に本校へのご支援とご協力をお願い申し上げます。
 結びにみなさんが、3年後の卒業式で、飯能南高校を選んだことは正しかった、飯南に入ってよかったと感じ、希望の進路を切り開き、力をつけて羽ばたいていってくれることを期待して式辞といたします。
  
   令和2年4月7日         埼玉県立飯能南高等学校長 内田 正俊

第40回卒業証書授与式における式辞を紹介します

 入間の川をさわやかな風が渡り、花開く梅のかおりが春の訪れを実感させる季節となりました。このよき日に、埼玉県立飯能南高等学校第40回卒業証書授与式を挙行できますことは大きな喜びです。
 四十期184名のみなさん、ご卒業おめでとうございます。
 みなさんは、入学以来勉強、部活動そして学校行事に励み、喜びや悲しみを仲間と分かち合いながら切磋琢磨してきました。それらの集大成としてそれぞれが希望の進路に進むことができました。
 第40回卒業式と申し上げましたが、みなさんは第四十期生、令和最初の卒業式と記念すべきめぐりあわせになりました。令和の年号は、万葉集の「梅花の宴」の序文からとられたものだと話題になりました。梅花の宴を開いた大伴旅人の父である大伴安麻呂は皇位継承をめぐる壬申の乱で活躍し功を立てた武将で歌人でした。大伴氏は天皇に仕える家柄ですが、武将の家柄であると同時に歌という文化をになう家柄でもあり、文武両道を地で行く家柄であったわけです。
 万葉集では、この日本を「言霊の幸はふ国」と表現しています。ことばが持っている力によって、幸せになるというのです。ことばには魂があって、一度発せられた言葉は大きな力をもっており、その通り現実になると信じられてきました。人を呪ったり、陥れる言葉を口にすると、それが現実になって人の力を衰えさせるように働くと信じてきました。忌み言葉というのがありますが、縁起の悪いことばを避けてことばを置き換えるのは、悪いことが現実になってしまうことを恐れたからです。結婚式で、披露宴の終わりには「おひらき」というこれからの発展をイメージすることばを使います。縁起がいい、人を祝う言葉を口にすると、人や人の心までもこちらの望むものに変えてしまう、それほどことばには大きな力があるというのです。
 最近はとくにことばの価値が大きく下げられているような気がします。リーダーと言われる人までもが、聞かれたことをはぐらかす。その場しのぎの言い訳をする。けれども時代を問わず言葉の力は大きいのです。何気ない一言に勇気が出たり、やる気が失われたりするのはどなたも経験があると思います。口約束であっても約束は守る。人を否定するような言葉はかけない。それが信用という財産を作ります。
 社会を取り巻く情勢から、皆さんの晴れ姿を心待ちにしてこられた保護者のみなさまや地域の方々にご列席いただくことがかないませんでした。本当に残念です。保護者の皆様に、この場を借りてお子様のご卒業を心よりお喜び申し上げます。卒業生に向けてメッセージや祝電をたくさんいただきました。世の中の期待は、みなさんが想像する以上に大きいことがわかります。卒業証書の番号からもわかりますが、一万人を超える飯南卒業生に続いてください。
 結びにあたり、保護者の皆様、地域の皆様には、これまで本校にご支援とご協力を賜り、本当にありがとうございました。今後も地域の期待に応え、教職員一丸となって生徒と卒業生にとって心のよりどころと誇れる学校づくりに努めてまいります。四十期生の前途が健やかで幸多きことを祈念し式辞といたします。
  
 令和2年3月11日
  
      埼玉県立飯能南高等学校長 内田 正俊

【飯南校長日誌】美術の授業発!飯南キャラクター「はん太」くんです!

 2年生・2学期の美術の授業で「飯南のキャラクターをつくる」という課題に挑戦しました。3人ほどのグループで取り組み、キャラクターの性格から設計しました。校内コンクールを行い、生徒・教職員による投票を行ったところ、「はん太くん」が最優秀に輝きました。特技はスポーツで、運動能力の高さから運動部の助っ人に呼ばれるとのこと。好きなものは「購買のからあげ」で、食べるときは顔がほころぶそうです。ちなみに、モチーフは「飯能ササ」というめずらしい笹(県指定天然記念物)です。植物学者の牧野富太郎博士が地名にちなんで命名なさったとのことで、校章にもあしらわれています。「はん太」くんは、このホームページや学校案内などにも顔を出すと思います。その節はよろしくお願いします。

 

そのほかの優秀作(一部ですが)は、こちら。

 

【飯南校長日誌】『文藝飯能』に生徒作品掲載!

 『文藝飯能』をご存じですか?飯能市教育委員会の発行によるこの冊子は1981年創刊、2020年3月刊行の第40号は記念号ということで261ページのボリューム。大久保飯能市長の巻頭言をはじめ、特集「飯能の文人たち」のほか「詩」「俳句」「短歌」「川柳」「随筆・手紙」「童話」「小説」のそれぞれのジャンルに分けて市民の方々の力作が寄せられています。このうち「短歌」の部に9人、「小説」の部に1人の飯南生徒の作品が選ばれています。選者の先生による講評もついており、勉強になります。国立国会図書館にも保存されると聞きますから、未来に読みつなげられると思うと、わくわくします。市立図書館でも読めるそうなので、ぜひご一読を!

【飯南校長日誌】地域の方からほめていただきました

 近隣の中学校の学校評議員会議に出席しました。その席で、評議員のある方から、こんなお話をうかがいました。朝、始業時刻を過ぎたタイミングだったようですが、登校のため歩いている生徒に先生が声をかけたそうです。普通なら「遅刻だ」「急げ」など厳しい声掛けをしそうなところ、まず「どうしたの?」とやさしく事情を聴いていて、そのようすが生徒に寄り添う飯南らしくてとってもよかった、とのこと。お話をうかがい、気のせいか仕事がはかどりました。ありがとうございます。