HANNAN日誌

HANNAN日誌

芸術鑑賞会で講談を鑑賞しました。

10月30日(水)の午後、飯能市市民会館大ホールにて講談を鑑賞しました。

芸術鑑賞会は3年間で、伝統芸能、音楽及び観劇をローテンションで生徒に芸術に触れてもらうものです。

今年度は伝統芸能として、「講談」の鑑賞をしました。「講談」といっても聞きなれない方が多いと思います。これは「寄席」で行われる演芸の一種です。「寄席」で行われる他の演芸には、落語・浪曲・萬歳(のちに漫才)などがあります。

一龍斎貞橘先生に、「講談」の入門を教えていただいたのち、「人間国宝」の一龍斎貞水先生から怪談話を聞かせていただきました。

怪談話といっても、人として生きていくために、大切な「正直な心を持って行動する」ということを教えていただいた、大変有意義な内容でした。

 

 

飯能市上級学校訪問(第1グループ)を実施しました。

10月29日(火)の午後、本校を会場に飯能市立加治中学校、美杉台中学校及び原市場中学校の2年生が来校し、高校の授業及び部活動を体験する、上級学校訪問を実施しました。

これは、飯能市内の中学校と県立私立の高校が連携し、進路に意識を向けさせるというものです。

授業は市内の高校の先生方が集まり、魅力的な授業を実施しました。

当日は雨となり、満足のいく部活動体験とはなりませんでした。元気な本校の生徒活発な部活動体験が出来なかったこと、残念に思います。

音楽部 高等学校総合文化祭 西部地区音楽祭に参加しました。

11月9日に武蔵野音楽大学バッハザールで行われた「高等学校総合文化祭 西部地区音楽祭」に参加しました。西部地区では毎年、合同合唱団を結成しています。今年は9校合同合唱団(川越西、坂戸、坂戸西、狭山経済、鶴ヶ島清風、飯能南、所沢、所沢北、松山)として出演しました。

演奏曲 「そのひとがうたうとき」(谷川俊太郎作詞 松下耕作曲)

 

 練習は文化祭が終わった10月から始まり、計3回行いました。各校がそれぞれ練習してきたことを持ち寄りながら一つの合唱団として一体感をもって歌うことができました。

 

 映画『蜜蜂と遠雷』(恩田陸)の撮影も行われたバッハザールの響きを楽しむことができました。今回、得ることができた合唱団の仲間との絆を大切にして日々の部活に取り組んでいきたいと思います。

 

 

 

1・2年卒業生懇談会を実施

10月11日(金)の5・6時間目に、1・2年生を対象にした卒業生懇談会を実施しました。
本校で高校生活をどのように送っていたのか、パネリストとして出席してくださいました
卒業生の先輩方が熱く語ってくださいました。
立派に活躍している先輩方の姿を見て、1・2年生の生徒の皆さんはどのように感じたでしょうか。

 

3年対象着こなしセミナー開催

進路が決まり始めた3年生を対象としたスーツの着こなしセミナーを
開催しました。年により、講師として来ていただく会社は異なりますが、
入社式もしくは上級学校の入学式へ出席するためのスーツの選び方、
着こなし方を学びました。
少しずつ社会へ出る準備が始まっています。