日誌

「学生としての決意を新たに」(大学短大進学者ガイダンスでのあいさつ)

 まずは、みなさんの夢、将来の希望に一歩近づいたことを喜びたいと思います。大学や短大での学び、競技を続けるなどイメージがふくらんでいるのではないかと思います。いっぽう、2月3月まで受験勉強を続けている人も多いです。なかには捲土重来(けんどじゅうらい)を期して浪人を選び、厳しい環境のなかで勉強している人もいます。一般入試の場合、受験生は入学の直前までプレッシャーを感じながら受験勉強を続けてきています。一般的には一般入試で入学した学生のほうが学力があります。年齢や経歴もさまざまな受験生と学生として同じスタートラインに立つためにも、みなさんには、入学までに、いろいろな意味で力をつけてほしいと思います。このあと、これからの生活や心構えについては進路の先生からお話がありますが、よく聞いて、学生としての決意を新たにしてください。