HANNAN日誌

芸術鑑賞会で講談を鑑賞しました。

10月30日(水)の午後、飯能市市民会館大ホールにて講談を鑑賞しました。

芸術鑑賞会は3年間で、伝統芸能、音楽及び観劇をローテンションで生徒に芸術に触れてもらうものです。

今年度は伝統芸能として、「講談」の鑑賞をしました。「講談」といっても聞きなれない方が多いと思います。これは「寄席」で行われる演芸の一種です。「寄席」で行われる他の演芸には、落語・浪曲・萬歳(のちに漫才)などがあります。

一龍斎貞橘先生に、「講談」の入門を教えていただいたのち、「人間国宝」の一龍斎貞水先生から怪談話を聞かせていただきました。

怪談話といっても、人として生きていくために、大切な「正直な心を持って行動する」ということを教えていただいた、大変有意義な内容でした。