HANNAN日誌

駿河台大学との連携第一弾

 飯能南高校と同じ阿須地区には、駿河台大学があります。その駿河台大学と、今回初めて連携事業を行いました。
 本校スポーツコースでは、スポーツを文化としてとらえようという学習を取り入れていますが、駿河台大学経済経営学部の
「地域とスポーツ」という講座(大森一宏教授)の内容がこれに近いことがわかりました。そこで、6月7日(水)11:00~12:30の
回にスポーツコース・体育コースの全生徒がこの講座にスポット参加させてもらうことになりました。
 内容は、西武ライオンズで選手として活躍し、現在は同球団の営業部で活躍されている髙木大成氏が講師を務め、夢の実現
について大学生に交じってお話を聴きました。講演終了後に質問をしてくれた生徒もいて、初めての大学の授業体験でしたが、
大変よい経験ができたのではないかと思います。大学関係者にも喜んでいただき、今後の連携に期待ができそうです。