HANNAN日誌

2011年10月の記事一覧

花植え

 10月26日、中間考査も今日で終わり、美化委員が集まって花植えを行いました。毎年、PTAの方々による花植えが2回ありますが、美化委員会によるものは初めてです。ビオラとパンジーの苗を全員でプランターや花壇に直接植え付けました。秋も深まり、花がめっきり少なくなった時期ですが、これから5月頃まで長い期間、花を楽しませてくれるでしょう。前にも紹介しましたが、本校周辺を散歩される方も多く、「いつも花が咲いていていいですね。」と言ってくださることもあります。今回は加治地区青少年健全育成の会から花の苗代を一部補助していただきました。ありがとうございました。また、委員の皆さん、ありがとうございました。
 

ゴルフ実習

 本校体育コースには3年生でゴルフ実習があります。12月の期末考査後にはコースに出て実習を行いますが、それまでは近くのゴルフ練習場をお借りして、打ちっ放しの練習を行っています。今日はその練習風景を見に行ってきました。ボールがまっすぐ飛ぶもの、右や左に曲がるもの、高く打ち上がるものなど、難しいながらも生徒は少しでも上達するため、一生懸命に練習していました。先生の手本や指導も入り、ナイスショットの声も掛かっていました。
 

体育の公開授業

 今日は本校を会場に平成23年度高等学校体育地区研究協議会西部地区第3班の公開授業が行われました。県立学校部保健体育課をはじめ、西部地区の高校並びに飯能市内の中学校の体育の先生方に授業をご覧いただきました。
 授業は5時間目、3年生の体育コースで、男子はグランドで陸上競技長距離走、女子は体育館で陸上競技走り高跳びを行いました。生徒はやや緊張気味でしたが、次第に本来の調子を取り戻したようで、元気な声が準備体操から飛び出していました。

体育祭

 10月12日、延期された体育祭が実施されました。天候もよく、次第に気温も上がり、本当に体育祭日和となりました。保護者の方にもたくさんおいでいただき、地域の方も見学いただきました。本校の体育祭は体育コースもあり、走る、走る、走るという体育祭です。パン食い競走、障害物競走などもありますが、走る、走るです。二人三脚リレー、騎馬戦ならぬ騎馬リレーは速い速い。騎馬リレーは本当にジョッキーが馬に乗っているような感じのレースになります。
 終わってみれば100mなどに1年生が上位に入っているものの、パワー勝負の世界、2年、3年の圧倒的な勝利となりました。校長は朝の挨拶で「こつこつと 鍛えた体は たからもの」という埼玉県の保健体育のあいことばで本校の体育の姿勢を示しました。まさに、部活動や体育で2年、3年と鍛えた成果が現れていました。保護者の皆さんも子供たちの成長を再確認していただけたと思います。今度は持久走でがんばりましょう。
 
 

真輝祭その2

 先ほど、柳原囃子保存会による「お神楽」が終わりました。小学生から大人までみんなで地域の伝統文化を守る人たちの気持ちが伝わってくるものでした。その中に本校生徒もはいっていることをうれしく思いました。昨年に引き続きの出演でしたが、中庭に集まった人にお祭り気分を味わっていただけたものと思います。皆さん、本当にありがとうございました。

真輝祭一般公開中

 今日は真輝祭一般公開を行っています。週間天気予報では今日は曇り時々雨の予報でしたが、雲は多いものの秋にふさわしいような一日となりました。校門を一歩入ると文化祭一色です。中庭ではトップバッターとして吹奏楽部による「ありがとう」や「マルモリダンス」の演奏がありました。本校は体育コースがある学校で文化部はどうしても人数が少ないのですが、吹奏楽部は現在6人で頑張っています。お客さんも詰めかけ、演奏に聴き入っていました。
  一般入場は14時30分までです。お近くの方は飯南まで足をお運びください。中庭ステージでは12時05分より地元、柳原囃子保存会による「お神楽」もあります。もちろん本校の生徒もこの中の一員として踊ります。お時間のある方はぜひお越しください。まだ、まだ間に合いますよ。